京都 金継ぎ 白金堂

割れたり欠けたりした器を美しくかつ実用的に復元するのが金継ぎの技法です。 接着・造形に欠かせないのが「漆」の存在です。漆は古来より塗料であり接着剤で、歴史的にも1000年以上前から安全性が証明されています。

金継ぎで復元するものの多くは食器ですので、漆に勝るものはないと思います。 その「漆」と「金粉・白金粉・銀粉」を使用し傷付いた部分の修復と新しい景色として価値を見いだすことを目的としています。

※(京都 金継ぎ 白金堂では、白金泥:プラチナ99.99%、純金泥:24K99.99%、純金消粉:22K、青金消粉:18K を使用しています)

 各品目の写真をクリックしてください  修理前・修理後の写真がご覧になれます   

金継ぎによる陶器の修理

丸皿・角皿向付小鉢・中鉢
急須・土瓶徳利・盃手付鉢・三つ足
湯呑・カップ蓋物大鉢・大皿
花器・置物ガラスバラバラになった器

コンテンツ

白金堂ブログ
陶磁器の修理

最近の記事

丸皿・角皿・変形皿 その24 古清水色絵舟形皿 【2つの割れ】
・割れの修理:【2つの割れ】(浅い器) ・金継ぎ:純金消粉(23K)使用 ・修理料金:¥5,000(…
小鉢・中鉢 その15 交趾緑彩高台小鉢 【2つ以上の割れ】+【欠け】
・割れの修理:【2つ以上の割れ】+【欠け】 ・金継ぎ:純金消粉(22,66K)使用 ・修理料金:¥1…
李朝塩笥茶碗 (李朝時代中期)
塩笥(しおじ)茶碗とは、文字のとおり元々塩を入れる器であったと伝えられています。 胴部分が膨らみ口部…
夏期休業のお知らせ
拝啓 猛暑の候 皆様方におかれましては 益々ご清祥のことと 心より お慶び申し上げます。 平素は格別…
常滑焼の急須
朱泥が美しい常滑焼の急須です。依頼品はボディーが真二つに破損しています。 急須や湯呑・ティーカップ等…