京都 金継ぎ 白金堂

割れたり欠けたりした器を美しくかつ実用的に復元するのが金継ぎの技法です。 接着・造形に欠かせないのが「漆」の存在です。漆は古来より塗料であり接着剤で、歴史的にも1000年以上前から安全性が証明されています。

金継ぎで復元するものの多くは食器ですので、漆に勝るものはないと思います。 その「漆」と「金粉・白金粉・銀粉」を使用し傷付いた部分の修復と新しい景色として価値を見いだすことを目的としています。

※(京都 金継ぎ 白金堂では、白金泥:プラチナ99.99%、純金泥:24K99.99%、純金消粉:22K、青金消粉:18K を使用しています)

 各品目の写真をクリックしてください  修理前・修理後の写真がご覧になれます   

金継ぎによる陶器の修理

丸皿・角皿向付小鉢・中鉢
急須・土瓶徳利・盃手付鉢・三つ足
湯呑・カップ蓋物大鉢・大皿
花器・置物ガラスバラバラになった器

コンテンツ

白金堂ブログ
陶磁器の修理

最近の記事

夜桜@祇園白川
昨夜、祇園白川を散歩してきました。小雨に濡れた柳と桜、石畳・・・。そのすべてが、美しいのを通り越し、…
祇王寺
先日、お天気が良く寒さも緩んできておりましたので、奥嵯峨野の祇王寺まで散歩に出掛けました。このお寺は…
青備前茶碗
普段は、備前焼と聞けば、赤茶褐色の焼き物をイメージしますが、窯の中で焼成中に灰を沢山被ったり、エアポ…
徳利・盃・猪口 その22 染付酒器
・ヒビの修理:【ヒビ】:~150mm ・白金継ぎ:白金泥(Pt99,99%)使用・修理料金:¥7,…
御本手徳利
御本が綺麗に出て上品で温かみのある徳利です。依頼品は、口部分が30㎜ほど欠けて破片はございませんでし…